【ネタバレ編】 世界は踊る☆いつまでも 【世界に感謝】

ここからは「ネタバレ記事」ですので、未読の方は戻ってくださいませ。

命の価値は

この物語では、住人たちは死が明確にもなっているにも関わらず、
絶対に避けられない定めとして、
誰もが受け入れております。
そして健気に、明るく一生懸命に生きています。

狂気の殺人者・スミオの存在ですら、
世界を救う大事なワンピースとなります。

そして、ゼロイチは、
世界から疎まれ、蔑まされていたゼロイチは、
心が読める「ネコ」が「逃げろ!」と忠告するにも関わらず、
命をかけて世界を救います。

画像引用 http://phoenix.yangotonaki.com/sekadan/odoru142.htm

一般的に思春期には、繊細な人なら、
「自分はこの世界に不必要な人間ではないのか?」
「どうしてうまくいかないのか、世界は自分の敵なのではないか?」
「自分は限りなく無力で、孤独なのではないのか?」

こういう風に考える時もあります。

ゼロイチはまさにそのような存在。
「1」を宿命付けられた彼は、生きてるのか死んでいるのか
わからないまま、不器用な笑みを浮かべながら生きています。
そんな彼をただ一人理解する少女・リカ。
彼女の命を救うため、ゼロイチは自分を犠牲にします。

彼がリカに最後に送った手紙にはこう記されています。

画像引用:http://phoenix.yangotonaki.com/sekadan/odoru150-01.htm

(ノД`)・゜・。

最初、「なんか、とっつきにくいなー」
「藤城清治かよw」とか言いながら
NEXTクリックしていましたが、

話の後半には夢中になり、
読後、熱いものがこみ上げてきた自分がいました。

自分の価値や生きる意味をちょっと見失いそうになった時、
ぜひ読んでみて下さい。

この漫画を読みたい!!!
(※リンク先は最終更新から時間が経っていますので、右上の広告スキップをして入場してくださいませ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤城清治光と影の世界 [ 藤城清治 ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)

 

人気の記事