動いてびっくり!!な怪異日常マンガ『平太郎に怖いものはない』【トーチWeb】

動いてびっくり!!な怪異日常マンガ『平太郎に怖いものはない』【トーチWeb】

Webならではの動くマンガ

恐怖に強い耐性を持つ青年・稲生平太郎の物語。

平太郎は16歳。高校へは行かずに、お好み焼き店を営んでいる。
夏のある日から、平太郎の身の周りで様々な怪異が起こりはじめた。
なにかの祟りのようだが、はっきりとはわからない。
そういえばこの間、触れてはいけないものに触れてしまった気がする。
周りの人は心配するけど、本人はどこ吹く風である。
平太郎に怖いものはない。でも、本当にそうなのだろうか……

現在の広島県三次市に実在した若き藩士・稲生平太郎が、
実際の出来事として語り継いだ妖怪実見譚『三次実録物語』を基に描く、
多種多様な妖怪たちと、恐怖に強い耐性を持つ主人公・平太郎の物語。(トーチWeb)

例えば以下のコマ、トーチWebで読んでいただければ動いています。これまた物語のジャンルが怪異もので相性がよく、いきなり動くので良い意味でビビります(笑)

Webだからできる表現の仕方ですよね!!
また動画の作りかたが上手く、妖怪の奇妙さが滲み出ていて、生きているようです。
どこのコマがどう動くのかは実際に読んでみてください。

この漫画を読む

人気の記事