女子高生と誘拐犯の異色の同居生活『彼女の腕は掴めない』【pixivコミック】

女子高生と誘拐犯の異色の同居生活『彼女の腕は掴めない』【pixivコミック】

主人公は生まれつき両腕のない女子高生

タイトルと絵の雰囲気から、「ホラーかな?」と印象を受けそうですが、そうでもないんです。
意外とコミカルなテンポで、クスッと笑ってしまうところも。

主人公の女子高生は、生まれつき両腕がなく、周囲から好奇や憐憫の目を向けられるのが日常となっています。
そんな世間からの同情に嫌気が差している毎日を送っていたところ、ある男に落とし物を拾われ、話しかけられます。

お礼を言って帰ろうとしますが、初対面に関わらず「家まで送る」と言われ、怪しさを感じ走って逃げようしますが、
以外な言葉で止められます。

ただの不審者というわけではない男の言動に困惑し、目的を聞くと・・・
「君を手に入れること」と答えます。

そして誘拐へ

男は白鷺(しらさぎ)と名乗り、無理矢理連れて行こうとはせずあくまで「家出」という形で女子高生を誘拐します。

白鷺さんの自宅は高層マンション(広い)で、恐らく高収入。しかも料理もできて(超美味しい)頭もいい。
女性ならぜひとも付き合いたい物件ですが、女子高生の状況としては今すぐにでも逃げ出したいところです。

ところが、積極的に飲み物を飲ませてあげるなどの行動から女子高生を大事に思っているのです。
それ故に、女子高生に対しての並ならぬ執着心が読者をぞっとさせるかも・・・白鷺さん、怖いです(笑)

ストーリーが進むごとに、白鷺さんの性質や、女子高生の名前が明らかになります。
また、じわじわと心の距離が詰まっていく、ふたりの関係の変化にも注目です。ふたりともかわいい(笑)

テーマとしてもうひとつ注目してもらいたいのが、生まれつき両腕にのない主人公の、周囲に対する思いです。
もしかしたら、この作品を読むと生まれつき手足がない方々の考えがわかるかもしれません。

かといって読んだからといって現実に普通の接し方ができるとは限りませんよね。
かくゆうわたしも自信はありません。

この機会にぜひとも読んでみてくださいね!

この漫画を読む

人気の記事