似てないようで似ているふたりが織りなす“成長ラブストーリー”『チーズ・イン・ザ・トラップ』【XOY】

似てないようで似ているふたりが織りなす“成長ラブストーリー”『チーズ・イン・ザ・トラップ』【XOY】

繊細な心理描写は必見!

韓国の漫画家soonkki(スンキ)氏が送る、大学生の複雑な人間関係を描いた作品『チーズ・イン・ザ・トラップ』

平凡な大学生・赤山雪は、容姿端麗で頭脳明晰、おまけにお金持ちという人気者の青田淳から声をかけられるところからストーリーはスタート。

今まで挨拶をしても無視されていた雪は突然のことに戸惑うが、徐々に交流を深めていき、二人は付き合うように……。

韓国の漫画ということで、舞台はもちろん韓国ですが、翻訳版は設定も日本に直してあるので、日本よりも厳しい大学生活食卓の風景に違和感はあるものの、この漫画の凄いところは、とにかく心理描写表情が細かいところ!

青田淳は表面では社交的でいい人を装っていますが、時折冷たい表情を見せます。その表情に気づいているのが、大学ではだけでした。そんな二人の探り合いの会話にドキドキしたり、優しく話しかけながらも目が笑っていない淳にゾクゾクします。

また、淳の宿敵として登場する河村亮は、イケメンだけど口が悪い。しかも気性が荒く、最初こそいい印象ではありませんでした。

しかし、雪と関わっていくうちに、過去のトラウマと向き合うようになっていきます。ただ、それを淳がよく思っておらず、3人の関係はますますややこしくなっていきます。

大学生活を通じたリアルで複雑すぎる人間ドラマは必見です!

〈文・編集/きさらぎなぎさ〉

この漫画を読む

人気の記事