【Twitter】月曜日のたわわ

【Twitter】月曜日のたわわ

月曜日のたわわ(Twitter)
原作・比村奇石

【画像引用】月曜日のたわわ 比村奇石Twitterより

毎週月曜日、原作者のツイッターにあがる1コマ漫画、イラストの連作。実に「たわわ」なおっぱいを持つ女の子たちの、ふとした瞬間やちょっとしたエピソードが中心で、Webアニメとして映像化され、ブルーレイDVDソフトも人気を呼びました。

開始時の原作者のツイートが「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」。何の気なしにツイッターにあげた、漫画家の落書きというかフリーに描いたイラストがきっかけとなってシリーズ化されました。フォロワー発の「たわわチャレンジ」という、女の子が胸の谷間にスマホを乗せる画像も、グラビアアイドルらが参戦したことで人気を呼び、ついにはアニメ化。まさにネットとSNSの申し子とも言うべきシリーズです。

「月曜日の憂鬱さが楽になった」というフォロワーの声が、シリーズ化されるきっかけとなったとのことですが、朝のラッシュの時、幸いにも座れて目の前にOLさんなどが立つことがあると、視線が自然と胸元にいってしまうのはサラリーマンなら「あるある」とうなずくことでしょう。最近は痴漢冤罪防止のため、満員電車では両手を挙げている男性サラリーマンも多いそうですが、視線がいっただけで罪に問われることはないでしょうし、そのOLさんがたわわなおっぱいだったりしたら、その日1日幸せな気分でいられるでしょう。まさに「おっぱいは正義」です。

なぜ、男は女の子のおっぱいをこれだけ愛でてしまうのか(笑)。これ、昔から学問的考察がされています。心理学、文化人類学、生物学など様々な見地からいろいろな学説が出されており、最近では「男性は生殖の見地から、女性の胸を見て種族保存に適した個体かどうかを判断している。それがおっぱいを見てときめく男の性癖につながっている」という説がけっこう流れていますが、この際、理屈はどうでもいい。個人的には、女性の体というのは造形美の極致だと思ってます。様々な表現者が、女性の体の柔らかく、流れるような曲線をそれぞれの形で表現していますが、生き物の造形というのは、本当に人の手では作れないものだと思うのです。その究極のラインがおっぱいなのではないでしょうか。大きさはどうであっても、その人の体のラインや曲線にぴったり一致するようなおっぱいは美しいと思います。たとえちっぱいであったとしても。

いったい、何を力説してるんでしょうか。変態ですよね(笑)。女性からすれば、ハラスメントに思えるかも知れませんが、決してそのような意図はありません。ある女の子から聞いたところでは、大きいおっぱいは肩こりがひどくなるし、男からの視線にもさらされるしで、あまりいいことはないなど、デメリットもあると聞いたことはありますが…。

この作品中には、たわわなおっぱいを持つ「アイちゃん」という編み込み髪の女子高生の女の子が登場します。この子が登場してから、明らかに連作の絵の質が単なる落書き風のイラストから、ストーリー的な要素が盛り込まれ、描き込まれた絵に変わりました。おそらく、作者の理想の女の子なのではないかと思います。アイちゃんと、入社したてで、スーツの下に来たブラウスの胸の部分がぱっつんぱっつんの若いOLさん「後輩ちゃん」が何度も登場しますが、この2人のキャラを眺めるだけでも、まさに眼福と言える作品ですよ〜!

この漫画を読む

人気の記事