【心の高潔さと闇と】金魚王国の崩壊【この世の矛盾と少女】

【心の高潔さと闇と】金魚王国の崩壊【この世の矛盾と少女】

子供の頃に教えられてきた「正しいこと」は、人が生きる上での軸であったりするのですが、
社会は矛盾だらけですので、些細な事でぶれない心の強靭さが求められます。
……実は私もそうですが、結局思考停止し、愚鈍になれば良いだけだったり。

でも「見ないようにすること」ができない繊細な人は、そりゃ生きるのが辛いですよね。

この作品の主人公である少女は、冒頭で繊細な子供が一度は考える、
「生き物を殺して食べる」事について、
まっ正面から向き合い、周囲に反発します。
正義感の強い彼女は、同級生がバッタの手足をもぎ取り遊んでいるのを
生命の冒涜を真剣に怒り、戦います。

先に結論を申しますと、残念ながら彼女の正義は報われません(執筆時点)。
大多数の「高潔で繊細な倫理観」ではない「愚鈍で残酷で正直な常識」により、
彼女は苦しめられ、壊れかけます。

共感できるか否かはその人次第ですが、
作者は明らかに天才的であり、一見に値すると私は思います。
このような作品が味わえるのもWebの良いところだな、と。

画像引用先 http://www.goldfishkingdom.client.jp/01.html

食事を摂るように言われても、魚がかわいそうと言って食べない少女。
やがて、植物もかわいそうで食べられなくなり。。。。

画像引用先 http://www.goldfishkingdom.client.jp/01.html

手足をもぎ取られたバッタ男子生徒から救うため100円で買い取るも、
ざんねんながらバッタは死んでしまいます。
気に病む少女を思う男子は事もあろうに大量のバッタの足をもぎ取り、
1匹10円で売ってあげようとします。
少女の怒りが爆発します。

この漫画をチェック

人気の記事